僕とぼく妹の命が奪われた「あの日」から 佐世保小6女児同級生殺害事の兄の本を読みました


こんにちは、ゆうゆです。

無題
 
僕とぼく 妹の命が奪われた「あの日」から [ 川名 壮志 ]を読みました。






この本は2004年に実際に起こった、佐世保小6女児同級生殺害事件の被害者の兄2人が登場するノンフィクションの作品です。


この事件のことはワタシもよく覚えていて、被害者の父が新聞記者で当事者にもかかわらず新聞記者らしく気丈に冷静に振舞っていたような記憶があります。


しかし、この本を読んで冷静な新聞記者に見えていた父親がもっともダメージを受けていてボロボロな状態であったことを知りました。


もちろん残忍な殺害事件だっただけに、いくら新聞記者とはいえ深いダメージを負ったであることは想像できますが、表に見せる冷静沈着な面とのギャップが大きくて終始涙なしには読めない内容でした。



kaooou



この本自体は兄2人の言葉が綴られています。


当然ながら兄2人もこの事件により大きな苦しみを負ったのですが、それぞれの立場から詳しく当時の心情などが綴られていて、被害者遺族に与えたダメージの大きさ、その後の人生に与える影響など、率直な文章だけに心打たれやっぱり涙なしには読めない・・・そんな本です。


そして、殺人事件の被害者遺族の心情について書かれた本ではありますが、それ以前に母親を病気で亡くしていてそのことについてもかなりのページを割いて書かれています。

けっして妹の怜美さんが殺害された悲しみについてだけでなく、母親を亡くした流れでの怜美さんまで亡くすというこれでもかといわんばかりに追い打ちをかける家族の状況がわかり、なんでこんなにこの家族にばかり辛く苦しい出来事が起こらなけれならないのか?

とにかく終始涙涙でした。


しかし、今はそれぞれの人生を歩み始めていることがわかり静かに応援したい気持ちでいっぱいです。


yoake


御手洗という珍しい苗字がゆえ、忘れたくても事件を知る人からは好奇の目で見られることもあったことかと思います。

それでも妹のさっちゃんやお母さんが生きられなかった分まで人生を謳歌しよう、びっくりして喜ぶくらいに幸せになろうといえる素敵なご兄弟。

本当にこの2人のお兄様たちにはその悲しさに見合うだけのたくさんの幸せを与えて欲しいと思いました。


そしてこの本の著者は、事件当時被害者の父親の部下であった記者の方で事件後も交流のあった方なのだそうです。

家族の取材は10年にわたり続けてきたそうですが、親しい間柄ゆえの心の揺れもかなりあったようです。

今回読んだ僕とぼく 妹の命が奪われた「あの日」から [ 川名 壮志 ]以前にも被害者家族を取材したノンフィクションを執筆していて、読むのが辛いですがいつかは読んでみたいなと思っています。



けっして明るく楽しい本ではないのでオススメとは言えませんが、興味のある方は是非読んでみてください。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村 ランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです。

山崎ナオコーラの本「リボンの男」を読みました


こんにちは、ゆうゆです。

無題

久しぶりに本を読みました。


 リボンの男 [ 山崎 ナオコーラ ]です。






この本、先日図書館からリクエストされていた本が届きましたという連絡が来て取りに行った次第なのですが、正直連絡が来ても頭の中は??


リクエストした覚えが全くないんだけど・・・


でもワタシに連絡がきたということは、リクエストしていたんでしょうね


まったくピンとこなかった本ですが、山崎ナオコーラさんはわからなくても、「人のセックスを笑うな」は聞いたことがあります。


永作博美さんが出ていた映画ですよね。

タイトルのインパクトが強くて印象に残っています。




さて、肝心の「リボンの男」のほうですが、読み始めたときはなんだか小難しい内容の本のように感じました。


設定がイマイチわからず、トランスジェンダーとかそういった主人公が抱える葛藤的な話なのかと思ったのですが、読み進めるとなかなか面白くて、主人公の心のうちがわかりやすく表現されていたように感じます。


あっという間に読み終わったので、ちょっと時間があるからサラッと読みたいなというときにいいのかなと思いました。


ちょっと調べてみたら、山崎ナオコーラさんって一貫してジェンダーについて書かれている方なんだそうですね。


そもそもワタシはエッセイとか推理小説とかが好きなタイプなので、山崎ナオコーラさんの作品をまた読みたいかというとそうでもないのですが、思ったより肩ひじ張らずに読める本だということが分かったということが収穫だったかもしれません。


ちなみに主人公の主夫、「妹子」の子供に対する向き合い方、とても素敵だなと思いました


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村 ランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです。


バスケ芸人麒麟田村裕さんの本「ホームレス中学生」を読んで泣く


こんにちは、ゆうゆです。

無題

2007年に人気となった本「ホームレス中学生」を読みました。


著者はお笑い芸人の麒麟田村裕さん、今はどちらかというとバスケ芸人としてのほうが有名みたいですね。

basuke


何故今頃「ホームレス中学生」

かというと、中学生の子供がとあるユーチューブのチャンネルを見ていたところをちょっと覗き見したところ、まさに麒麟の田村さんがバスケをしていた

そこから、そういえばこの人昔「ホームレス中学生」っていう本を出してすごいヒットして、どうしてこうしてという話をしたら、珍しく子供がその本面白そう読んでみたいと言い出したのです。


というわけで、早速購入





中学生のふだんあまり読書はしない男子ですが、面白かったようであっという間に読み終わりました。

せっかくだからと母も読んでみたというワケです。


先に中学生の感想からいうと、面白かったけどホームレスというわりには、ホームレスだった期間短くね

というもの。

読んでみると、まあ確かに・・・


母の感想はというと、この本すごい泣けます

ワタシは号泣した場面がいくつもありました。

確かに実際ホームレスだった期間は短くて、ホームレス生活に焦点を当てるとあれ??ってなるかもしれないんだけど、田村さんの心のうちを書いた描写がとっても泣けるんです。


特にあれね、母親の思い出や母親への思いを書いているところね。

多分2007年に読んでいたらそこまで思わなかったかもしれないけど、中学生の母となった今この本の主人公の中学生時代の田村少年の気持ちを思うと、ひたすら泣けるんです。


ちなみに田村さんのお母様は、田村さんが小学生の時に病気で亡くなられているんです。


そんなお母様への思いを綴っている場面がいくつか出てくるのですが、プロの作家でなく芸人さんが自分の言葉で綴っている飾らない朴訥とした文章が余計にストレートに響きました。


果たして我が子はここまで母のことを想ってくれてはいるのだろうか?

なんてことも思いつつ、号泣していると・・・

キモッ

と言いながら通り過ぎていくうちの中学生。


お母さんのこと書いているところ泣けなかった?と聞くと、別に~と言っていました。


まあ各世代によっていろいろな感想があるということです。


この本、ワタシ的に是非読んでいただきたいオススメなのは、中高生の子供を持つお母様達です

心が浄化されるというか、子供の母親への思いがグッとくること間違いなし


そして田村さんバスケばっかりやっているイメージですが、ちょっと応援したくなる本でした。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村 ランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです。

母とヨーロッパへ行く母+娘=100歳~の旅 太田篤子著を読みました


こんにちは、ゆうゆです。

 無題

旅行が唯一といっていいほどの趣味であるワタシ。

tabi


旅行関係の本は好きでよく読んでいます。

今回なにだったかで紹介されていて興味を持ったこちらの本を読んでみました。


母とヨーロッパへ行く 母+娘=100歳〜の旅 [ 太田 篤子 ]







著者の太田篤子さんという方、ワタシは存じ上げなかったのですが、レーサーの太田哲也氏の奥様でご主人の立ち上げたモーターブランドの会社で働いている方なのだそうです。

つまり一般の方??

幼いころからテレビ番組の影響で海外にあこがれを抱きながら育ち、大学では英文学を専攻卒業後は海外美術オークションの仕事をされていたという、かなりのハイスペックな方だとお見受けしました。


本の内容としては、高齢のお母様と年に一度のヨーロッパ旅行が恒例行事となっていて、その旅のノウハウを紹介的な本でした。


ワタシの旅スタイルとはかなり違うし、興味を持つ場所も全然違うので、始めは正直流し読みしていたようなしていないような・・・


ですが、好みのホテルを探すノウハウなどとても具体的でとても参考になり、その流れで旅行中のファッションの着まわしテクなど実践的な内容が多くて、結果女子的にとても参考になり興味深く読み終えることが出来ました。


         




 
うちの母はワタシ以上に出不精なので、一緒に旅行なんてましてや海外旅行なんて絶対行くことはないだろうけど、母娘でヨーロッパなんてとっても素敵

思い出に残りそうでとても羨ましいものです。


高齢のお母様と旅するコツなども豊富に盛り込まれた内容なので、母娘旅を検討している方にはとても参考になるかと思います。


今は海外旅行はおろか国内旅行でさえも行き難い情勢ですが、旅好きな方にとっては情報収集のための貴重な時間と割り切って、普段は読まないようなジャンルの旅行関係の本を幅広く読んでみるのも意外な発見があって楽しいかもしれませんよ


興味を持たれた方は是非どうぞ ↓




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村  ランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです。

大人気のブロガーショコラさんの本58歳から日々を大切に小さく暮らす本を読みました


こんにちは、ゆうゆです。

無題

シニアブロガーとして大人気のショコラさんの本、

58歳から日々を大切に小さく暮らす [ ショコラ ]

を読みました。







この本はなにかで今話題の本みたいに紹介されていて、58歳だけ聞くとワタシの年齢からはまだまだ先なのであまり関係ないかなと思ったんだけど、表紙のカンジとか内容とか好きなカンジだったのでなんだか気になりました。


なので、申し訳ないけど買うまではいかない気持ちで、図書館で借りられるかな?と思い検索すると、超大人気で60人待ちとかでした。


そして待つこと何か月だろう、やっと順番が回ってきて読むことが出来た

そんな本なのです。



syokora


58歳って耳にすると、一般的にあまりキラキラなイメージってないかと思うのですが、この本の著者のショコラさんの暮らしぶりを拝見すると、なんだかとってもキラキラしているって感じます。


全然老いとかを感じない素敵なライフスタイルブックです。


ワタシはこの本を読むまでショコラさんっていう方のこと全く知りませんでしたが、ブロガーさんで、ブログも拝見しましたが、本の通り気取っていない日常を綴られているのにやっぱりなんだか素敵なんです。

お仕事も、例えばスタイリストだとかなんとかデザイナーみたいなお洒落っぽいお仕事をされている方ではなく、本当にごく一般的な事務のパートをされている普通の方なんですって。

なんだかこんな素敵な先輩の暮らしぶりを見ると、齢を重ねることも悪くないかもって思えます。


本の内容はというと、住んでいるお部屋の紹介とか、お洋服などの持ち物の紹介、日々食べているものの紹介、お金のことも書かれています。


たいてい女の人って、この手のライフスタイルブックみたいなの好きじゃないですか

はい、ワタシも大好きです


このショコラさんの本の場合、気取っていないリアル感があるところがとても良かったです。

ちょっと頑張れば自分もこんな風になれるかもって思えるところがとっても魅力的


ちょっと子育ても落ち着いてきた中高生を持つお母さま方にこそ、おススメしたい素敵な本ですよ


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村 ランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです。


記事検索
プロフィール
無題



旅行やお出かけが大好きな主婦です。

ブログは初めて、
試行錯誤の日々です。

身近な話題を中心に発信していきます。

中学生の子供の毎日のお弁当をご紹介している
「ゆうゆのお弁当日記」も運営しています。

http://www.yuuyu.work/

お気軽に遊びに来てください。



お問い合わせ
お問い合わせはこちらまで
楽天市場