#オードリー

オードリーの若林さんの本「社会人大学人見知り学部卒業見込み」を読みました


こんにちは、ゆうゆです。

無題

昨年からコツコツ読んできた、オードリーの若林さんの著書ですが、今回は

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫) [ 若林 正恭 ]」を読みました。





 昨年読んだ、「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬




ナナメの夕暮れ





これで主要な若林作品は読み終わったのかな。


wakabayasi


今回読んだ完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 

は、雑誌「ダ・ヴィンチ」で連載していたエッセーが書籍化されたものということもあり、クセが少なくて一番読み易かったです。


とはいえ、他の本が小難しくて読みづらいのか?というと、そういうわけではありません。

サラっーと流し読みじゃないけど、誰が読んでもそれなりにヘーッと思える内容でした。


この連載は2~3年あったのかな?

時系列で進むので、心情の変化なども感じ取れて面白いです。


と、ここまでの3冊はなんとなく皆の見たままの若林さんの本ですが

・・・

昨年末、めでたくご結婚された若林さん

結婚前後の気持ちの変化が書かれた新作が早く見てみたいって思うわけです。


楽しみです


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村 ランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです。









オードリー若林さんの本「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」を読みました


こんにちは、ゆうゆです。

無題

読書の秋といいますが、ワタシ最近よく本を読んでいます。

最近では



 




こんなカンジです。

オードリー若林さんのナナメの夕暮れを読んだら、すっかり若林ワールドに染まってしまい、若林さんの著書を全部読みたくなってしまいました。

そんなわけで、

今回は表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬 [ 若林 正恭 ]を読みました。






こちらの本はキューバの旅行記のような、そうでないような

キューバ旅行で感じた若林ワールドの本、といったらいいのかな。

面白かったです


タイトルだけ見ると、なんだか富にまみれ恵まれ着飾った表参道のセレブ犬



serebuinu


と自分の力だけで強くたくましく生きるカバーニャ要塞の野良犬


nora


の対比を皮肉ったような構成なのかな?

と穿った見方をしがちですが、あまりそんなこともなく、割とマイルドな展開なのでご安心を←誰に言っているんだろう


内容を書くとネタバレになってしまうので控えますが、この本を読んで感じたのは、若林さんいろいろと生きづらいことが多々あるようだけど、

自分の興味のままに行動したこの旅は、とても楽しそう

そしてそんな自分の興味の赴くままに旅行に行ったりできる人生って、実は楽しそう

そういう人生になるべく自由に選択が出来る大人って、楽しいんじゃない


って思いました。


そして、例えば同じ出来事に遭遇しても、ワタシだったらこんなエッセイは書けないわ~ということ。

その場面は想像がつくけど、表現力が素晴らしい

やっぱり本になるようなエッセイを書ける人は、言葉の使い方やストーリーの展開がずば抜けた才能を持っている気がします。


今回もすっかり若林さんの魅力にどっぷりはまってしまいました。

若林さんの本、もう1冊読む予定です。




お笑い芸人だと、ピース又吉さんが小説を書いたりしていますが、若林さんが書いた小説とかも読んでみたいなーと思いました。

それほど、この人の書いた文はワタシ的にはまっています。

皆様ももし興味があれば一度読んでみてはいかがでしょうか

オススメですよ




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村  ランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです。


オードリー若林さんの本「ナナメの夕暮れ」を読みました 圧巻の表現力に脱帽です


こんにちは、ゆうゆです。

無題
 

オードリーの若林さんの本、ナナメの夕暮れ [ 若林 正恭 ]を読みました。




この本、ちょっと前に話題になっていましたよね。

その時から読みたいなと思っていたのですが、やっと読むことが出来ました。




dokusyo


ワタシ、若林さんというとアメトーークの人見知り芸人だとか、読書芸人、男子校芸人、女の子苦手芸人のイメージが強くあります。←(アメトーークは毎週欠かさず見ています)

初めの頃は人見知り芸人で出ていましたが、人見知り克服したトークがあったりしたのを見ていたので、なんとなくの人となりはわかっていたつもりでした。


この「ナナメの夕暮れ」を出版したときのトークでも、以前とはちょっと違うみたいなことをおっしゃっていた気がような気がします。


そして、やっと読めたその感想は

思っていた以上に繊細でクレーバーな方なんだなと思いました。

すごい物事や言葉をよく知っていらっしゃって、圧巻されました



ワタシもどちらかというと、外に向かうより内に向かってウツウツとしているタイプなので、気持ち的には共感する部分も多々あり内容的にはとても面白かったです。

ですが、同じようなタイプとはいえ、若林さんの圧倒的な表現力にはただただ圧巻

非常に尊敬に値するわ~と感じました。


最初はなんとなく、現実を嘆いているような内容の本かと思っていましたが、とても深くて、若林さんの本をもっと読みたくなりました。

小説とか書く才能もあるんじゃないかな


とりあえず、この流れで若林さんの他の本も近日中には読むつもりです




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村 ランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです。





記事検索
プロフィール
無題



旅行やお出かけが大好きな主婦です。

ブログは初めて、
試行錯誤の日々です。

身近な話題を中心に発信していきます。

中学生の子供の毎日のお弁当をご紹介している
「ゆうゆのお弁当日記」も運営しています。

http://www.yuuyu.work/

お気軽に遊びに来てください。



お問い合わせ
お問い合わせはこちらまで
楽天市場