シニアブロガーショコラさんも載っている60代からの小さくも豊かな暮らし方を読みました


こんにちは、ゆうゆです。

無題
 

以前も紹介しましたが、私シニアブロガーとして有名なショコラさんのブログを定期的に覗かせていただいています。


シンプルな暮らし方がとっても素敵で、こんな風に歳を重ねたいなと思っています。


ショコラさんの本は以前にもこのブログで紹介させてもらっているので、興味がある方は是非見てみてください。










今回はまたまたショコラさんつながりで読んでみた本のレビューです。


今回読んだのは、60代からの小さくも豊かな暮らし方 この歳になったら身軽こそ、いちばんの幸せ (SHINYUSHA MOOK LDK特別編集)です。







この本はショコラさんをはじめ、5人のシニアの方(シニアっていう呼び方は似合わない素敵なお姉さま方です)のそれぞれのご自宅や暮らしのこだわりの様子を収めている本です。


皆さんとっても素敵


年代的にはワタシの母親世代ですが、うちの母はあんな暮らしぶりではないですね


それぞれこだわりの暮らしの様子が紹介されていますが、やっぱり身近に感じるのはショコラさんですね。


それぞれの紹介の他にも、整理収納アドバイザーによる整理のコツやファッションアドバイザーによるクローゼットデトックスのすすめ、お金や住まいのプロによるお話などが載っています。


その辺の話はまあ今は正直そこまで切実ではないけど、今のうちからサッと目を通しておくだけでも違うのかなと思います。


大人世代の素敵ブックという点ではなかなかよかったです。


興味のある方は是非読んでみてくださいね。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村 ランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです。


ひろゆき氏の奥様西村ゆかさんの本「だんな様はひろゆき」を読みました


こんにちは、ゆうゆです。

無題


 あの2ちゃんねる創設者で論破王ともいわれているひろゆき氏。

その奥様の西村ゆかさんの本、だんな様はひろゆき [ 西村ゆか ]を読みました。





この本めっちゃ面白かったです


表紙を見ればわかるとおり、このタッチのイラストの4コマ漫画がメインで読みやすい


ひろゆきさんって色々言われているけどワタシはどちらかというと信者よりで、以前にはひろゆきさんの本「1%の努力」を読んだ感想をあげたりもしています。




この1%の努力 [ ひろゆき ]のひろゆきさんとだんな様はひろゆき [ 西村ゆか ]のひろゆきさん、当然だけど全然違いますね~。


やっぱり比べるのもアレだけど、誰でも内と外では違うものなんですね~というのがよくわかる本です。


あれですね、あまりひろゆき氏のことを知らずにこちらの本から読み始めたらまたひろゆき氏に対するる印象って随分違ってくるかもしれないですね。


ちょっと俗っぽいけど、この本続編出ないかな~と思ってしまうほど楽しく読めた本でした。


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村 ランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです。


「世界の美しさを思い知れ」額賀澪著を読みました


こんにちは、ゆうゆです。

無題


 世界の美しさを思い知れ [ 額賀 澪 ]を読みました。






結構話題の作品のようだったので楽しみにしていた本だったんだけど、すごい良かったかといえばちょっとウーンと言ってしまうかも


けっして面白くなかったというワケではないんだけど、ちょっと小難しいというか結末がスッキリしないというか・・・


ワタシは旅行好きなので、世界のまだ知らない地の描写とかは楽しく読めたしこんな風にフットワーク軽く旅してみたいなと思ったりもしました。


そして、タイトルのとおり世界にはまだ見ぬ美しいものが溢れているということにも共感できるんだけど・・・


なんかやっぱり何とも言えない終わり方だったかもって思います。


でも旅行好きな方には旅気分が味わえてオススメですよ

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村 ランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです。

EXIT兼近大樹さんの本「むき出し」を読みました


こんにちは、ゆうゆです。

 無題


昨年出版されたEXITのかねちこと、兼近大樹さんの本むき出し [ 兼近 大樹 ]を読ました。





EXITといえばチャラ漫才、チャラいキャラだけど本当はいい人的なイメージですよね。


っていうか最初はそんなイメージだったと思うけど、実は過去は・・・みたいな週刊誌の話もありましたが、ワタシ的には別に過去のことなんて関係ないでしょって思ってわりと応援していました。


だけど


この本を読んで、あれ?って思ったのが正直な感想です。


今話題の兼近さんが小説家デビューって話題だったので、遅ればせながらこの本興味があって機会があれば読んでみたいなと思ってたんだけど、内容についてはまったく知りませんでした。


この本小説って思って読み始めたんだけど、これは自伝??


まあフィクションも混ぜつつなんだろうけど、この自伝的な内容は思っていたのと違ったかもです。


読み出しはなんか拙い文章でまあ話題の芸能人の本だからこの程度でもOKなんだろうなと思っていて、とりあえず読み切ろうと思って読み始めました。


でも途中から惹きこまれるように読み進めたのも事実です。


結局内容が気になって一気に読み切ってしまいました。


これ、なんなんでしょうね?


フィクションとしての小説ならすごい面白くて良かったです。


でも、この内容が自伝的なものなら思っていたよりもこの人の過去ってエグイかも・・・


たとえ今が生まれ変わってやり直そうとしているとしても、なんか色々チラついちゃって素直に応援できないかもって思いました。


仮にこの内容が自伝的な要素があるなら、なんでわざわざ世間に公表するんでしょう?


自分にウソはつけないのだとしても、周りのごく普通に過ごしている人の迷惑っていうのかな例えばクラスメイトとか。

同じクラスにいたらと思うと、やっぱりちょっと迷惑に感じると思うんですけどね。


いくら自分はこんな気持ちでどうでとか知ったところで、正直周りの人には関係ないって思っちゃうのは冷たいのかな?


なんかワタシとしては知りたくない情報でしたね。


まあすべての内容を自伝とするならのハナシだけど・・・


素人のくせに失礼な言い方だけど、この本を全部自分一人で書き上げたのならすごい文才はあると思うんです。


なので、まったくのフィクションとしての小説を次は読んでみたいなと思いました。


この本あえてのオススメはしませんが、興味のある方は読んでみてもいいかもしれませんね。兼近さんの文才に触れてみてください。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村 ランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです。

夏休みにオススメしたい本「10歳から知りたいバリアバリュー思考自分の強みの見つけかた」


こんにちは、ゆうゆです。

無題


今回は読書のレビューなのですが、この本実際に読んだのはアラフィフのワタシなのですが読んでみて是非これは小中高生にオススメな本だなと思ったため紹介してみます。
 





10歳から知りたいバリアバリュー思考 自分の強みの見つけかた [ 垣内 俊哉 ]


この本の著者の垣内俊哉さんは、車いすユーザーで株式会社ミライロの社長をされています。

メディアにも出演されていたり、今回紹介した本以外にもバリアバリュー 障害を価値に変える [ 垣内 俊哉 ]という本を出されていたりします。


ワタシが知ったきっかけは、我が家で愛読している東京新聞にも連載をもたれていてそれを読んで車いすだとか障がいだとかをあまり押し出さずにあくまでもビジネスマンとしての話をされていることに興味を持ったからです。


さてこの本ですが、めっちゃ読みやすいです


何故かというとマンガが半分文章が半分くらいだから。


でもすごい分かりやすくてスッと入ってきます。


文章の部分にも可愛いイラストが多用されていて、とってもとっつきやすい。


多分この著者の方的には想定するユーザーはやっぱり若い学生さんかと思うのですが、理路整然とした内容はアラフィフのおばちゃんでもすごい刺さりました。


なので、1冊をご家族で回し読みとかいいんじゃないかなと思います。

実際我が家でも高校生の子供にオススメしたら、面白かったと言っていました。


夏休みもそろそろ終わりですが、小学生なら読書感想文に中高校生なら今後の進路の参考に是非読んでみることをおススメします。


もちろん、お父さんお母さんにもオススメですよ

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村 ランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです。



記事検索
プロフィール
無題



旅行やお出かけ外食などが大好きな主婦です。

ブログをはじめて早4年。

その間に夫を病気で亡くしたり山あり谷ありの日々ですが、毎日楽しく身近な話題を中心に発信していきます。

高校生の子供の毎日のお弁当をご紹介している
「ゆうゆのお弁当日記」も運営しています。

https://www.yuuyu.work/

お気軽に遊びに来てください。



お問い合わせ
お問い合わせはこちらまで
楽天市場